主催:URC実行委員会

ユニバーサルロボティクス
チャレンジとは

本大会は小中学生を対象とした国際ロボット競技会です。難易度のちがう2つの部門があり、
ロボティクス初級者から上級者まで幅広く参加できるようになっています。
子どもたちがロボティクス技術への興味・関心を深め、仲間と学び合い、チームワークにより
課題解決を目指す大会です。
< 2017年のテーマ >
『 地球環境保護 』
ごみ回収ロボットの開発
< 競技部門 >

レギュラー部門

ロボティクス初級者から中級者を対象とした部門です。参加者には2つのDCモーターを用いた自動車の走行制御やセンサーを用いた基礎的なライントレースへの理解が求められます。

レギュラー部門ルールブック

アドバンス部門

ロボティクス上級者向を対象とした部門です。参加者には複数のセンサーやサーボモーターを組み合わせた高度なロボット製作・プログラミングのスキルが求められます。

アドバンス部門ルールブック

プレゼンテーションシートはこちらからダウンロードしていただけます。

プレゼンテーションシート
(PDF形式)
プレゼンテーションシート
(Word形式)
< 競技監修者 >
奈良教育大学
附属中学校 教諭
葉山泰三 先生
芝浦工業大学
機械機能工学科
准教授
長澤純人 先生
< 開催会場 >

全国大会 大阪会場

9月3日(日)

12:30~17:00(開場11:30)

会場:大阪大学 吹田キャンパス情報科学研究棟

全国大会 東京会場

9月9日(土)

12:30~17:00(開場11:30)

会場:東京大学 本郷キャンパス工学部棟

< 参加資格 >

小学生または中学生
チーム制(3人1組または2人1組)

※レギュラー部門は小学生または中学生に分かれたチームでの参加とし、小中学生の混合チームでは参加できません。
アドバンス部門は小中学生混合チームで参加できます。
※本大会ではロボットキット『アーテックロボ』(旧名ロボティスト)とアーテックブロックを使用します。

< 参加枠 >

レギュラー部門

小学生の部と中学生の部

大阪会場:30組、東京会場:30組
(合計60組)

アドバンス部門

小・中学生混合の部

大阪会場:10組、東京会場:10組
(合計20組)
< 参加費用 >
1人1,000円 ※練習用コースセット代として
1チームにつき7,200円が別途必要です。
< 参加申し込み方法 >
「参加申し込みの流れ」を確認後、「参加申し込みはコチラ」ボタンを押して最初に仮登録をしてください。
< 主催 >

URC実行委員会

実行委員長
葉山泰三奈良教育大学附属中学校 教諭
副実行委員長
長澤純人芝浦工業大学機械機能工学科 准教授
実行委員
伊庭斉志東京大学大学院情報理工学系研究科 教授
沼田和也同志社中学校 教頭
増澤利光大阪大学大学院情報科学研究科 教授
松林弘治リズマニング 代表
川原 保キープオン株式会社 代表
塩沢茂樹株式会社日本次世代教育総合研究所 代表
田畑和宏ダヴィンチ・ラボ ディレクター
中山涼一未来学校プログラミング教室 代表
西尾茂和一般社団法人日本こどもプログラミング協会 代表副理事
栗原純一株式会社学研エデュケーショナル 取締役
藤原 悦株式会社アーテック 代表取締役
山下 貢URC2017 事務局長

<後援>

大和大学、
九州工業大学、大阪大学、吹田市教育委員会、大阪市教育委員会